ポイント&フィギュアでFX

P&Fを中心にFXトレードをしています。 その他にもチャートやMAなどのテクニカルでのトレードです。

昨日サインの豪ドル円・カナダ円は~

日足P&F状況:(6月21日)

ドル円・・・
(4月23日、ロングサイン108.00域に到達)
<4月23日、108.50域><4月25日、109.00域><5月01日、109.50域>
<5月15日、110.00域><5月17日、110.50域>

(5月24日、下に3枠転換。ロング111.50域、ショート104.00域から)
(6月06日、上に3枠転換。ロング111.50域、ショート108.00域から)

ユーロ円・・・(5月03日、下に3枠転換。ロング134.00域、ショート128.00域から)
(5月23日、ショートサイン128.00域に到達)
<5月23日、128.00域><5月25日、127.00域><5月29日、125.00域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング134.00域、ショート124.00域から)
(6月19日、下に3枠転換。ロング131.00域、ショート124.00域から)


ユーロ米ドル・・・(4月25日、ショートサイン1.2150域に到達)
<4月25日、1.2150域><4月26日、1.2100域><4月30日、1.2000域>
<5月01日、1.1950域><5月02日、1.1900域><5月08日、1.1850域>
<5月15日、1.1800域><5月17日、1.1750域><5月23日、1.1650域>
<5月28日、1.1600域><5月29日、1.1500域>
(5月30日、上に3枠転換。ロング1.2400域、ショート1.1450域から)
(6月14日、下に3枠転換。ロング1.1800域、ショート1.1450域から)


豪ドル円・・・
(6月14日、下に3枠転換。ロング84.50域、ショート81.00域から)
(6月19日、ショートサイン81.00域に到達)
<6月19日、81.00域>


NZドル円・・・(6月01日、上に3枠転換。ロング77.50域、ショート74.50域から)
(6月06日、ロングサイン77.50域に到達)
<6月06日、77.50域>

ポンド円
・・・(4月20日、下に3枠転換。ロング154.00域、ショート144.00域から)
(5月29日、ショートサイン144.00域に到達)
<5月29日、144.00域>

(6月05日、上に3枠転換。ロング154.00域、ショート143.00域から)


ポンド米ドル・
・・・・(4月19日、下に3枠転換。ロング1.4400域、ショート1.3600域から)
(5月01日、ショートサイン1.3600域に到達)
<5月01日、1.3600域><5月02日、1.3500域><5月16日、1.3400域>
<5月23日、1.3300域><5月25日、1.3200域><6月19日、1.3100域>


豪ドル米ドル・・・・(6月14日、下に3枠転換。ロング0.7700域、ショート0.7400域から)
(6月15日、ショートサイン0.7400域に到達)
<6月15日、0.7400域><6月19日、0.7350域>


NZドル米ドル・・・・
(4月20日、下に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.7100域から)
(4月23日、ショートサイン0.7100域に到達)
<4月23日、0.7100域><4月25日0.7050域><4月30日0.7000域>
<5月02日、0.6950域><5月15日、0.6900域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.6800域から)
6月20日、下に3枠転換。ロング0.7050域、ショート0.6800域から)

カナダドル円・・・・・・(6月15日、下に3枠転換。ロング85.50域、ショート82.50域から)
(6月19日、ショートサイン82.50域に到達)
<6月19日、82.50域>



(P&F単位は、ユーロ円・ポンド円・ポンド米ドルは100ポイント、その他50ポイントです。日付は終わり値)

<ほっとけFX>

P&Fは、NZドル米ドルが下に3枠転換してます。

ポジションは、豪ドル米ドルショート、カナダ円のショートです。

パウエルFRB議長のタカ派発言、ドラギ総裁はインフレ目標楽観視
などで貿易戦争と相殺されてるイメージです。

ドル円の動きなども相場の迷いを表しているチャートの形です。

P&Fでサインが出ている豪ドル円・カナダ円は、チャートの形が良くない感じです。
ストップは、豪ドル円82.20、カナダ円は83.80辺りに。
そこまで行かなくても、今日のローソク足がそれなりの陽線なら一旦クローズ。
という戦略です。

今日は、BOE金融政策があります。

(個人的なテクニカルの見解です。P&Fはご自身でも確認をお願いします。)

豪ドル円・カナダ円がショートサイン

日足P&F状況:(6月20日)

ドル円・・・
(4月23日、ロングサイン108.00域に到達)
<4月23日、108.50域><4月25日、109.00域><5月01日、109.50域>
<5月15日、110.00域><5月17日、110.50域>

(5月24日、下に3枠転換。ロング111.50域、ショート104.00域から)
(6月06日、上に3枠転換。ロング111.50域、ショート108.00域から)

ユーロ円・・・(5月03日、下に3枠転換。ロング134.00域、ショート128.00域から)
(5月23日、ショートサイン128.00域に到達)
<5月23日、128.00域><5月25日、127.00域><5月29日、125.00域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング134.00域、ショート124.00域から)
(6月19日、下に3枠転換。ロング131.00域、ショート124.00域から)


ユーロ米ドル・・・(4月25日、ショートサイン1.2150域に到達)
<4月25日、1.2150域><4月26日、1.2100域><4月30日、1.2000域>
<5月01日、1.1950域><5月02日、1.1900域><5月08日、1.1850域>
<5月15日、1.1800域><5月17日、1.1750域><5月23日、1.1650域>
<5月28日、1.1600域><5月29日、1.1500域>
(5月30日、上に3枠転換。ロング1.2400域、ショート1.1450域から)
(6月14日、下に3枠転換。ロング1.1800域、ショート1.1450域から)


豪ドル円・・・
(6月14日、下に3枠転換。ロング84.50域、ショート81.00域から)
(6月19日、ショートサイン81.00域に到達)
<6月19日、81.00域>


NZドル円・・・(6月01日、上に3枠転換。ロング77.50域、ショート74.50域から)
(6月06日、ロングサイン77.50域に到達)
<6月06日、77.50域>

ポンド円
・・・(4月20日、下に3枠転換。ロング154.00域、ショート144.00域から)
(5月29日、ショートサイン144.00域に到達)
<5月29日、144.00域>

(6月05日、上に3枠転換。ロング154.00域、ショート143.00域から)


ポンド米ドル・
・・・・(4月19日、下に3枠転換。ロング1.4400域、ショート1.3600域から)
(5月01日、ショートサイン1.3600域に到達)
<5月01日、1.3600域><5月02日、1.3500域><5月16日、1.3400域>
<5月23日、1.3300域><5月25日、1.3200域><6月19日、1.3100域>


豪ドル米ドル・・・・(6月14日、下に3枠転換。ロング0.7700域、ショート0.7400域から)
(6月15日、ショートサイン0.7400域に到達)
<6月15日、0.7400域><6月19日、0.7350域>


NZドル米ドル・・・・
(4月20日、下に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.7100域から)
(4月23日、ショートサイン0.7100域に到達)
<4月23日、0.7100域><4月25日0.7050域><4月30日0.7000域>
<5月02日、0.6950域><5月15日、0.6900域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.6800域から)


カナダドル円・・・・・・(6月15日、下に3枠転換。ロング85.50域、ショート82.50域から)
(6月19日、ショートサイン82.50域に到達)
<6月19日、82.50域>



(P&F単位は、ユーロ円・ポンド円・ポンド米ドルは100ポイント、その他50ポイントです。日付は終わり値)

<ほっとけFX>

P&Fは、豪ドル円、カナダ円がショートサインです。
ユーロ円が下に3枠転換、豪ドル米ドル・ポンド米ドルが1枠進んでいます。

ポジションは、豪ドル米ドルショート。

静かな相場だと思ったらトランプ発言で米中貿易戦争懸念が増してます。
ドル円は110円割れするも110円台は回復。
ダウは大きく下げましたが、今日の日経平均も下げそうな・・・。

そんな中P&Fサインも

豪ドル円ショートサイン
gy
( 豪ドル円 P&F )

カナダ円ショートサイン
cy
( カナダ円 P&F )

豪ドル円は下ヒゲが気になりますが、仲値後に陰線になってくれば参加。
あとは、82.00近辺まで延びたところで戻り売り。
トレンドベルトから下に陰線を出してショートで良いと思いますが
トランプ発言でコロコロ変わるので82.00への伸びの要因にもよります。

カナダ円もショートは参加したいところ。
目標は、3月の安値81.00辺りに。

ポンドは、離脱法案の警戒感があるそう。
BOE金融政策は明日でした。

(個人的なテクニカルの見解です。P&Fはご自身でも確認をお願いします。)

しばらくは静かな相場かも

日足P&F状況:(6月19日)

ドル円・・・
(4月23日、ロングサイン108.00域に到達)
<4月23日、108.50域><4月25日、109.00域><5月01日、109.50域>
<5月15日、110.00域><5月17日、110.50域>

(5月24日、下に3枠転換。ロング111.50域、ショート104.00域から)
(6月06日、上に3枠転換。ロング111.50域、ショート108.00域から)

ユーロ円・・・(5月03日、下に3枠転換。ロング134.00域、ショート128.00域から)
(5月23日、ショートサイン128.00域に到達)
<5月23日、128.00域><5月25日、127.00域><5月29日、125.00域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング134.00域、ショート124.00域から)

ユーロ米ドル・・・(4月25日、ショートサイン1.2150域に到達)
<4月25日、1.2150域><4月26日、1.2100域><4月30日、1.2000域>
<5月01日、1.1950域><5月02日、1.1900域><5月08日、1.1850域>
<5月15日、1.1800域><5月17日、1.1750域><5月23日、1.1650域>
<5月28日、1.1600域><5月29日、1.1500域>
(5月30日、上に3枠転換。ロング1.2400域、ショート1.1450域から)
(6月14日、下に3枠転換。ロング1.1800域、ショート1.1450域から)


豪ドル円・・・
(5月21日、ロングサイン83.50域に到達)
<5月21日、84.00域>

(5月24日、下に3枠転換。ロング84.50域、ショート80.50域から)
(6月04日、上に3枠転換。ロング84.50域、ショート81.00域から)
(6月14日、下に3枠転換。ロング84.50域、ショート81.00域から)


NZドル円・・・(6月01日、上に3枠転換。ロング77.50域、ショート74.50域から)
(6月06日、ロングサイン77.50域に到達)
<6月06日、77.50域>

ポンド円
・・・(4月20日、下に3枠転換。ロング154.00域、ショート144.00域から)
(5月29日、ショートサイン144.00域に到達)
<5月29日、144.00域>

(6月05日、上に3枠転換。ロング154.00域、ショート143.00域から)


ポンド米ドル・
・・・・(4月19日、下に3枠転換。ロング1.4400域、ショート1.3600域から)
(5月01日、ショートサイン1.3600域に到達)
<5月01日、1.3600域><5月02日、1.3500域><5月16日、1.3400域>
<5月23日、1.3300域><5月25日、1.3200域>


豪ドル米ドル・・・・(6月14日、下に3枠転換。ロング0.7700域、ショート0.7400域から)
(6月15日、ショートサイン0.7400域に到達)
<6月15日、0.7400域>


NZドル米ドル・・・・
(4月20日、下に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.7100域から)
(4月23日、ショートサイン0.7100域に到達)
<4月23日、0.7100域><4月25日0.7050域><4月30日0.7000域>
<5月02日、0.6950域><5月15日、0.6900域>

(6月04日、上に3枠転換。ロング0.7400域、ショート0.6800域から)


カナダドル円・・・・・・(4月4日、ロングサイン83.50域に到達)
<4月4日、83.50域><4月5日、84.00域><4月10日、85.00域><5月10日、85.50域>
<5月16日、86.00域><5月22日、86.50域>

(5月24日、下に3枠転換。ロング87.00域、ショート80.00域から)
(5月30日、上に3枠転換。ロング87.00域、ショート82.50域から)
(6月15日、下に3枠転換。ロング85.50域、ショート82.50域から)



(P&F単位は、ユーロ円・ポンド円・ポンド米ドルは100ポイント、その他50ポイントです。日付は終わり値)

<ほっとけFX>

P&Fは、変化なし。

ポジションは、豪ドル米ドルショート。

米中貿易摩擦はくすぶっていますが相場は動かず。
明日BOE金融政策。

しばらくは静かな相場になるかもしれませんが、
要人発言があればその時々で上下するのでしょう。

(個人的なテクニカルの見解です。P&Fはご自身でも確認をお願いします。)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング
億万長者の手相といわれる覇王線です。
応援クリックヨロシクお願いします!

スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
タグクラウド
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ